貧しさは心を蝕む

2017年7月14日 at 4:18 AM
filed under 未分類

たかが月10万。されど月10万。
学生時代はそれがどうしても欲しかった。
なぜ10万なのかというと、
大学の時は月10万くらいで暮らしていたから。

今考えると恐ろしいが、それで家賃も払っていた。
いったいどうやって暮らしていたのか不思議である。
大変コンパクトな暮らしぶりである。
まあ株もやっていたから、多少は上積みされていたけど。

しかし、さすがに月10万で暮らせるのは過去の話だ。
今ではたぶんその生活を維持することはできない。
税金関係が苦しいからという理由ではない。
年金や健康保険料はたぶんなんとかなる。
どちらも確定申告で節税を上手くやればいいだけだ。
あと年金なら免除申請もある。

  • 練馬区の切手買取
  • 羽村市の切手買取
  • 荒川区の切手買取
  • 葛飾区の切手買取
  • 西多摩郡奥多摩町の切手買取
  • そういうことではなく、この歳になって、
    「お金がなくて諸々の選択肢が限られる」というのが
    精神的に厳しいのではないかと思っている。
    貧しさは心を蝕む。心の病は身体の病につながる。
    そして身体の病にはべらぼーな費用がかかるのだ。
    医療費控除で戻るにしたって、十分な貯金が必要だろう。

    no comments

    RSS / trackback

    respond