変な姿勢で文章を書くと思考が散漫になり遅々として進まない

2017年8月8日 at 10:49 PM
filed under 未分類

変な姿勢で文章を書くと思考が散漫になり遅々として進まない。
正しい姿勢で文章を書くとすいすい進む。
文章がすいすい進めば、それにつられて中身も洗練されてくる。
生きる姿勢も正されるってことだ。
身体的問題の解決が思弁的問題の解決へと繋がる。

あえて色々否定してきたけど、僕らはやっぱ身体に限界付けられた生もの。
身体に思考が拘束されるのです。
風邪とか病気の奴は気持ちが弱くなったりするでしょう。
だからって体育会系の存在を認めたりはしないけどね。
運動の必要はないが、最低限の身体の健康を保つ必要性はあるということだ。

  • 成田の切手買取
  • 我孫子の切手買取
  • 旭の切手買取
  • 木更津の切手買取
  • 東金の切手買取
  • 松戸の切手買取
  • 柏の切手買取
  • 流山の切手買取
  • 浦安の切手買取
  • 白井の切手買取
  • きりりとした姿勢からきらりと輝く創作物が生まれる。
    絵とか文章とかじゃなくてもいい。
    仕事の資料でもなんでもいいよ。それが生まれるんだ。

    疲れたらだらけるけど、だらけたら疲れる。
    だらけたら考えもまとまらない。

    no comments

    RSS / trackback

    respond