文脈の不在はコミュニケーションの不成立

2017年8月10日 at 11:49 PM
filed under 未分類

例えば話したこともない異性に好きだと言っても、相手と君の間には物語がない。
物語がないから文脈もない。
素晴らしい演出と美しい言葉が放たれたのかもしれないが、
物語がなく文脈に合ってもいないから、突拍子もないことになる。結果は明らかだ。

例えば営業で商品を売ろうとしたって、相手は
「なんだかわからんやつがなんだかわからんものを売りつけようとしてる」
と思う。
相手の現状を聞き出し、需要を確認し、商品を提案する。
その際、相手の予算が100円なのに2億の商品を提案したって売れない。
これは物語はあるものの文脈を無視した行為だ。

  • 新冠郡新冠町 治験 病院
  • 浦河郡浦河町 治験 病院
  • 様似郡様似町 治験 病院
  • 幌泉郡えりも町 治験 病院
  • 日高郡新ひだか町 治験 病院
  • 河東郡音更町 治験 病院
  • 河東郡士幌町 治験 病院
  • 河東郡上士幌町 治験 病院
  • 河東郡鹿追町 治験 病院
  • 上川郡新得町 治験 病院

    つまるところ、相手と自分との間に物語を作り出し、
    その物語の文脈を意識して言動を行うことを「コミュニケーション」と人は呼ぶのだろう。

    だから物語の不在、文脈の不在はコミュニケーションの不成立を意味する。
    逆に言えばコミュニケーションの不成立は物語の不在、文脈の不在なのだ。

  • no comments

    RSS / trackback

    respond