手生命に関わる故障

2017年9月22日 at 2:30 PM
filed under 未分類

20歳の時に膝に選手生命に関わる故障を抱えて、以後は膝をいたわりながらプレイを続けていた、とか知らなかったエピソードもいろいろ登場します。
 「山本浩二」「衣笠祥雄」とか著者より先に「全国区のスター」になった人もいますが、偏見こみで書くなら「おっさんのスター」と言って良かった存在でした。それに対して著者は「義彦」と名前で呼ばれる、そして若い女性にも人気のある「(一種のアイドル)スター」だったと私は認識しています。当時「カープ女子」がいたら、とんでもないことになっていたでしょうね。ただ、著者も言っていますが、人気に溺れて練習から手を抜いたら、その人気の源泉であった大切なものをなくしてしまうことになるのです。人気は「結果」であって、その「原因」を維持する努力が必要なのです。今のスポーツ界の「アイドル」やら「王子」やらの人気者が、もうちょっと練習に専念できて人気が維持できるように環境整備がされていれば良いのですが。

  • 練馬区
  • 神戸占いの館真占館【東京都練馬区】
  • アマツ心体整治療院【東京都練馬区】
  • 天津会【東京都練馬区】
  • 根本欽堂【東京都練馬区】
  • 高嶋易断彰宮館【東京都練馬区】
  • うみ占やま占【東京都練馬区】
  • no comments

    RSS / trackback

    respond