オリンピック

2014年2月18日 at 8:19 PM
filed under 未分類

こぼれ話

スノーボードクロスで頭にカメラを付けてる人がたまにいた。
グループの誰かというわけでもなく、映像を特に活かすでもなく、
予想としてはつけてもいいよって人に貸し出されていたのでは。
それでつけたのはノリのいい楽しんでる人。
目立つの大好きでヒゲまで描いたサムコヴァなんか
ちょんまげの飾りくらいのつもりで真っ先につけたんじゃないだろうか。
だからスノーボードなんて競技と呼べない不良の遊びだと言われかねないが、
あの種目に限っては事実が物語っている。
気合パンパンの人よりスタートでおちゃらけられる方が強い。
自分のベストを尽くすというより、事故を遠ざける柔軟さが要るんだろう。
優勝は圧倒的に速いサムコヴァだったが、
より最速を目指すと硬くなってミスになりかねなく、
結局ヒゲを描いてカメラを付けたのが勝因だったように思う。

葛西の応援で日本の旗を振る人が映ってた。
笑顔いっぱいのおばさんと、隣で元気に振る小男と、って清水と岡崎じゃん。
カメラは分かってないだろ、アホみたいに元気だから抜いただけで。

その岡崎が抜け現役最年長となった田畑の1500m。
応援席にはやけに笑顔がかわいいおばさんと、更に元気に旗を振る小男…
カメラよ、観戦もそこそこにただお祭り騒ぎしてるように見えるだろうが、
彼らは長野の銅メダリストと金銀銅全部持ってる日本一のスケーターだぞ。

アイスホッケー男子
他に観るものの裏でやっててマトモに観れないが合間にちょいちょいだが、
棒を持った巨漢の男が小さなゴールに集団で襲撃する殺伐とした映像ばっか。
面白いけどさ、感覚はバイオレンス映画なんだよな。

フィギュア アイスダンス ショート
いいんだけどさ、団体の時の点数は何だったんだって言いたくなるよな。
事実無根でバカらしく調査すらしないというが、
ロシアとアメリカで裏取引があった、なんて根も葉もない噂もそりゃ立つさ。
まあ浅田真央にちゃんとした点が出てくれればそれでいいけど。

カーリングは天敵中国を退けた。
昼間にやったもんだから残念ながら観れなかった。
スイスを倒し絶好調の日本。
くもりかけた暗雲は完全に晴れ視界良好だ。
スイス戦10エンドで勝負決めれたところショット決まらず延長へ、
そして、常呂に暴風雪警報のテロップが流れたときには嫌な気分だったよ。

カーリング vsスウェーデン

やっとオリンピックらしいスーパーショットの応酬。
日本は勢いがあって運に恵まれているが、実力で受けきるスウェーデン。
強い、ゆるぎない強さだ。
ロシアの大声援という不確定を起こす追い風もなさそうだし厳しい。
すごく苦しいところで放送終了で少し助かったかも。
ちなみに常呂は今日はシャレにならない本格的な暴風雪。

ジャンプ団体

日本で今一番熱い町 下川町は警報・注意報無しだ。
道民感覚でもさほど離れてない気がするが道北と道東じゃ天気違うな。

れるひー! 絶好調だな。切り込み隊長に適任だ。
たくー! つなげー。渋く繋ぐのが二番の役目だ。
だいきー! アニキの露払いだぞ。
あにきー! なんかレジェンドって呼ぶのも飽きたので団体戦だしコレで。

一回目
伏兵ノルウェーががんばってる。
ドイツ、オーストリアの二強はさすが。
日本の調子もいい。
役者がそろい面白くなってきた。
てゆうかなんとなく似てるシチュエーションじゃない?

よっしゃ!!
二強が強かったが良くやったぜ。
ちゅうか大きなミスがなくて本当に良かった。
誰かのせいで取れなかったとかなったら嫌だもんな。
いや、上が強かったわ。
オーストリアは団体じゃ負けないというゆるぎなさがあったが、
ドイツがそれを凌駕する大ジャンプを連発した。
それに一時は差を詰めるような見事な勇戦だったわ。

no comments

RSS / trackback

respond